断ってから大後悔したお見合い

年齢
30代後半
性別
女性
名前
あいこ

こんにちは、3年に渡る婚活の末、お見合いで出会った夫と出会い結婚したあいこです。

婚活というと新しい人に出会って別れ、出会っては別れの繰り返しですよね。時には何度も続いてお断りされたり、交際がうまくいっていると持っていた相手から断られたりして大きなショックを受けるものです。反対に自分が断る立場になるとどうやって断ったらいいのかなと頭を悩ませることもありますよね。

そんな悩ましい婚活の『お断り』にまつわるエピソードをご紹介します。

結婚相談所で知り合った人

Yくんと出会ったのは私が28歳の時でした。親の勧めで入会した結婚相談所のお見合いで出会ったひとつ年上の男性で、名門私立大学を卒業して大手銀行に勤める方でした。お見合いでは珍しくリア充な感じのする好青年で、お見合いの席からラーメン好きという庶民的な話題で盛り上がったり、冗談を言い合ったりして盛り上がりました。

トントン拍子で交際に発展しましたが、ネックになったのが忙しすぎる彼のお仕事でした。
週末に出勤することも多く、なかなかデートができませんでした。その上、まだ若かった私は、相談所に所属していたものの、お見合いで出会った人と結婚するという感覚がしっくり来ず、だきれば自然に出会った人と結婚したい…ともんもんと過ごしている時期でした。

逃した魚は・・・

メールもあまり来ないし、デートもひと月に一回のペースで盛り下がって来たところでもんもんとするものですから、段々と相手の粗探しが始まります。特に嫌な所のない好青年だったのに、ひとつだけ、背が低いことが気になっていた私…。当たり障りのない理由をつけてYくんをお断りしてしまうことに決めました。

『私にはもったいないと思うので…うんぬん…』という婚活お断りテンプレをメールに書いて送信!

ちょっと罪悪感があるこの感じは婚活が終わるまで慣れませんでした。でも結婚する気の起ない相手に時間を取らせるのも失礼です。
するとYさんから返信がありました。

大抵の男性は『そうですか、分かりました』のようなそっけない文章だけ返ってきます。Yさんもそんなもんだろうと目を通してみると、

気持ちは分かりました。残念ですが、仕方ないですね。僕はあいこさんのことを芯があって優しくておもしろくて、素敵な女性だと思っていました。こんなことを書いては困らせますね。あいこさんが幸せになることを心から祈っています。今までありがとうございました。

という素敵すぎる内容が書かれていました。

こ、この人、こんなに良い人だったの〜〜!!逃した魚はデカかったか!?ってか、お断りメールの返信にめっちゃときめいたんですけどーー!

…ですが時すでに遅し、いまさら何と言えましょうか。Yくんとはこれっきりでした。

婚活市場でこんなに心根の良い好青年に会うことって珍しくないですか!?
夫と結婚してすでに4年の歳月が流れようとしていますが、Yくんだけは今も時たま思い出す、実に惜しかった良い男なのです。