お料理婚活で出会ったバブリーなおじさん

年齢
30代後半
性別
女性
名前
あいこ

こんにちは、ありとあらゆる婚活にトライし、無事に平凡な夫に巡り会い結婚したあいこです。
そうです、最後に巡り会うのは、なにも理想の人や運命の人ではありません。THE フツメン!普通の人こそがあなたに一番合う人なんですよ〜
そんな風に思えたのは数々の出会いの中で濃ゆ〜い婚活男性に会って来たからです。パンチの効いた濃ゆい出会いと濃厚な失敗談を披露しちゃいます。

太ったおじさん

あれはわたしが30歳だった頃。街コンやお見合い、合コンが手詰まりになり、新たに趣味を取っ掛かりにした出会いに手をつけていた頃です。
お料理合コンやランニング合コン、社会人サークルなど、同じ趣味を持つ人が集まったり、趣味を口実に出会いを求める集まりがたくさん開催されているんです。興味のある方は是非ネットで調べてみてくださいね!

私が参加したのは料理合コンでした。数名の男女がグループになり協力して調理をし、その日のメニューを仕上げるという合コンで、友達と2人で参加しました。
料理合コンは、男3人、女3人のグループで行われました。私のグループにはちょいイケメンとフツメンと、どーみてもアラフィフなオーラを放つ小太りなおじさんが…。

おじさんは、『脂肪を燃焼させる』がウリのスポーツドリンクを飲みながらの参加!料理合コンに参加してる時点で太りに来てるだろ!痩せたいのか太りたいのかどっちやねん!と心の中でツッコミながら、ちょっとププっと笑いそうにさえなりました。
一緒に参加した友達と、その飲料にちなみV(ヴァーム*)さんとあだ名を付けました(笑) Vさんはバブル世代にブイブイ言わせていた世代でしょうか…太っていることなど物ともせず、鋼の精神でガンガン女性に話しかけます

私もグイグイ来られ、うっかりフェイスブックで友達になってしまいました。他の男性の方が感じが良かったのに、連絡先の交換もないままバイバイとなりました。
やはり積極性って大事ですね…。だって、その後なんとなくもらったVさんからのお食事の誘いでご飯を食べに行くことになったんです!

小太りのおじさんですから恋愛対象外でしたが、西麻布の美味しいお店に連れて行ってくれるというものでつい食い意地に負けました〜。だってデブ推奨の美味しい店って絶対美味しい!お食事して帰ってくるだけですから楽勝♪と思っていました。

西麻布の高級割烹!

Vさんとのお食事当日、だいぶシャレオツな格好で現れたVさん。高価そうなコートや洋服、やっぱアラフィフは違うね…ってゆーかけっこう気合い入れて来ててやだな…なんて思いました。

連れて行ってもらったのは高級割烹。さすが西麻布。まいうーでした。
アラフィフのおじさんはこなれているので話しもそこそこ面白いんですよね。海外駐在の経験や経済の話などを面白く聞いてゴチになり解散〜と思いきや、帰る方面が同じことだったので、同じこと電車に乗る羽目に…。

たいして混んでいない電車の車内、なぜかズイズイ近づいてくるVさん。ついには腰に手を回し、『今日は帰したくないなぁ』と一言。

に、肉食っ!!

ここはずいっと押しのけて電車を降りましたが、なかなかおぞましい思い出となってしまいました。タダで美味しいもの食べようという意地汚さが仇となった失敗談です。

しかし、アラフィフ男性は積極的です。平成ボーイズも頑張ってくださいね!