婚活アプリYoubrideで20歳年下女性と会う40歳の道のり…!

こんにちは! マイケルです!
42歳の独身男…もうすぐ後厄は抜けるけど、結婚どころか彼女もいないという、かなり人生の瀬戸際に立たされている感が半端ないです。どうしましょ? と色々考えて婚活アプリを利用したら20歳年下の女性に出会ってしまいました!
そこまでの道のりを中心に報告します!

youbride 【iOSアプリ】【Androidアプリ】

アプリで超年下女性とマッチング!

会員の年齢がやや高めという婚活アプリ「youbride」。さすがに40歳を過ぎて20代女子との出会いは無理だろうと自分の分をわきまえて生きているので、このアプリ一択の婚活です。
とはいえ20代の女性もちらほら見かけますね…(・д・)
まあ僕には関係ないかな、と思いつつもそこは男の悲しいサガ。「この子、若いな~、可愛いな~」などと20代女子のプロフィール画像を眺める日々が続きました(笑)。そうはいっても20代女子が希望する相手の男の年齢はせいぜい30代前半まで。「トシをとるのはこんなにもツラいものなのか…」とか「若いときにもっと遊んでおけば良かった…」などとウダウダ悩む始末です(T_T)

しかし! ミラクルは起きましたよ! 「相手の希望年齢」が40代を含んでいる20代女子を発見! すかさず僕はメッセージを送信!! そしてまさかのマッチング成功!! 神様っているのかもしれないと思いましたよ…!!

難しくも楽しいメッセージ交換♪ しかし!

相手の女性はYさん。22歳!(モデル並みの美女!!)よくよく考えてみれば、僕はこれくらいの娘がいてもおかしくないんですよね…。うれしさと同時に若干の不安が同居する中でのメッセージ交換が始まります。
礼儀正しく、結構気を遣ってくるYさん。でも、正直に言って考え方や感覚のズレは少し感じました。まずYさんの好きなミュージシャンがどれもこれも知らないバンドばっかり。「私、昔の歌も結構知ってますよ~♪」と言ってきますが、それがB’zとか。いやいやいや、B’zは…確かにキャリアは長いし昔からいるけど、現役バリバリだから!

でも、そんなズレも楽しんでいる自分がいたりして…。本当にいい子ですのでね…。そうなってくると一つの疑念が浮かんできます。
「…これって…今、世間で言われているところの『パパ活』ってやつじゃないのか?」
娘ほどに年下の女性が相手ならばあり得る話です。もしそうなら、ちょっと困ります。僕は大きな富があるわけではなく、愛人のようなものを養う余裕はありません。だいたい愛人も何も、僕は未婚ですしね! 一応婚活しているくらいだから、結婚を先にしたい! 結婚といっても、これだけ若い子だったら僕の財産狙いかもしれません…! あ。たいした財産ないんだった…。もうYさんとの間にできた娘のパパになりたいです(だんだん崩れゆく理性あるいは知性)!

そんなことを考えながらメッセージのやり取りを続けていくと、どうやらYさん、乗っている自動車はベンツらしいことが判明。結構な資産家のご令嬢っぽいです。それなら安心、安心…って、ちょっと待って! 条件が良すぎる!! むしろそれはそれで何かの罠がしかけられている、危険な香りがプンプンしますよ!!(゚Д゚)普通に考えればあり得ない話があり得ている状況にビビりつつもメッセージのやり取りは続きます。「正直、この子はやめておいたほうがいいかな…?」と、アテにならない自分のカンが働いてきます。でも、やめられない…。

そんなある夜、Yさんから「マイケルさん、今度お会いしませんか?」と、まさかのお誘いが。嬉しいけど危なっかしい…! この誘いに乗るのか、乗らないのか。普段特に深く考えないタイプの僕ですが、このときばかりは真剣に考えましたよ! …3分くらい!(^_^;)
ええい、ままよ! と会うことを承諾。マジでYさんが僕を気に入ってくれているのなら、この上ないラッキー&ハッピー! もし何かマズイことになったら、若い女性に惑わされた馬鹿な男と笑ってくれ! みんな笑えー!! という心持ちです。

さて。結論から言うと…。皆さん、僕を笑ってください…。20歳年下のモデル並みの美女・Yさんは本物のモデルさんでした!それなら良かったんじゃないの? と言われそうですけど、そういう問題ではないのです。実は僕はカメラマンを職業にしている身でして…。要するに、フリーのモデル・Yさんは婚活アプリを利用して自分を撮影してくれるであろう男を探す、という裏技を使っていたのです。今、個人撮影会とか流行っていますからね。

まあ…今までのやり取りはすべて…営業メール??(゚Д゚) キャバクラで散々だまされた過去をちょっと思い出しました。しかし、さすがに婚活アプリで、こんなことをされてしまうとは!!でも。「プロのカメラマンさんなんですね! すごーい♪」と始まり「今度お会いするときの撮影では、私、頑張ります♡」と攻めてくる22歳女子に冷たくすることができるわけもなく、42歳のオッサン、カメラのバッテリー充電を始めるのでした…!!

微妙な出会い!

プロフィール画像を盛るのが常識の婚活アプリ界。しかし、Yさんときたら、実際に会ってみると写真よりも一層美しい…!! これが自然な出会いならば、天に感謝なのに…と、大きくガッカリ・ちょっぴりため息。重い気持ちで撮影に入ったのです。

そして、まだ夜9時だというのに、撮影にかかる諸経費やYさんの交通費・飲み代などをキッチリ支払った僕は、家路につくために素早く電車に乗る彼女を引きつった笑顔で見送ったのでした。終わり! というか、僕の女運も終わりっぽくてイヤだ~!!